介護で重要な入浴テク

髪や体を洗う時の工夫

入浴介助するときの洗い方

・介護職が入浴介助するときの洗い方
入浴時には皮膚が弱くなっています。ですのでゴシゴシと力を入れてこするのはやめましょう。お湯につかっている時点である程度の汚れは落ちていますから、タオルにボディソープをつけて泡立て、やさしくこするだけで汚れは落ちます。

また利用者はそれほどハードな日常生活を送っていませんので、体もそれほど汚れていません。まず最初は、熱くないか、その人にとって良い温度か確認しながらシャワーをかけていきます。熱くないとOKがでたら、いきなり体にかけるのではなく最初はすねやひざから徐々に体の中心部にむかってシャワーをかけていきます。

このときに洗面器をつかって、お湯をはり、足をいれておくといいでしょう。足先からの冷えを防ぐために有効です。

皮膚がただれていたりなどする場所は洗わず、シャワーで流すだけにしましょう。きつくこすらず、やさしく洗ってあげましょう。皮膚は下から上にあらうといいです。手はゆっくりと一本一本洗っていきましょう。

痛みがあるといわれた場合は、手に泡をつけて手洗いなどの工夫をします。皮膚の観察を忘れず、皮膚トラブルにいち早く気づいていくことが大切です。

洗体が終わったら洗髪となります。
お湯が入らないように耳をふさいでもらい、髪にお湯をかけて洗髪していきます。頭皮をこすらず、指の腹でやさしくマッサージしていきます。また、皮膚にトラブルがあったら必ず記録しておきましょう。赤みやかさぶたなどをチェックして、メモしておきます。

全て洗い終わって浴槽に入るときが一番緊張する段階です。これは利用者も不安に思っています。ゆっくり立ち上がって、声かけして、安心してもらいましょう。
めまいを起こしている利用者さんもいるので、ちゃんと立てているか確認しましょう。