介護で重要な入浴テク

入浴を助けるための動き方

持ち上げ方のテクニック

・入浴介助に重要な持ち上げ方
入浴介助には、力よりもテクニックが必要です。そこでどのような動きをして、どのように動いてもらうか、体をどう使えば楽に介護できるかを調べていきましょう。コツをしっかりと理解しておけば楽に持ち上げることが可能です。

・準備はシャワーチェアを使って
シャワーチェアは浴槽のフチにつけるように設置しましょう。浴槽内に利用者が入った後も動かさず、そのままの状態で設置しておきましょう。

・介助者も浴槽に入ります
介助者も浴槽に入ります。利用者のお尻の位置を、背中をつけている浴室の壁側に引き戻します。体が足元にずれて沈んでしまうのを避けるためです。

これは、お湯が入っている浴槽内の動きですので力がなくとも簡単にできます。腰に負担がかからないよう、足元が滑らないように重心をしっかりして気をつけましょう。そして利用者は体育すわりのような姿勢になってもらいます。足を折り曲げて、足を伸ばさないようにします。

・抱きかかえる持ち上げ方
シャワーチェアが見える様に持ち上げます。両脇の下に手を差し入れて、上体を持ち上げて、浴槽のフチとシャワーチェアに座ります。ここで、真上に持ち上げるのではなく、やや前に倒すように持ち上げましょう。真上に持ち上げると腰に負担がかかってしんどい形になってしまいます。

・足を片足ずつ洗い場に
上体を片手で支えながら、片足ずつ洗い場に足を出します。両足を洗い場に出した後、体が浴槽に倒れてしまわないように体を支えます。そして、上体を支えながらシャワーチェアの中央に座れるように、お尻を動かして座らせます。

・入浴介助は事故が起こりやすい
入浴介助は事故が起こりやすい場所でもあります。不安定な場所と水周りであること、また蒸気などによって心臓に負担もかかりやすく、重要な生活の一部分ながら事故が起こりやすくて危険な場所でもあります。
しっかりと基本を抑えておきましょう。入浴介助時の動きはご自身も体に負担がかからないようにしましょう。