介護で重要な入浴テク

楽々にできる入浴介助

施設の入浴装置付き浴槽

・入浴装置のついた浴槽がある施設も
入浴装置のある浴槽がついた施設もあります。
寝ながら、座ったまま、リフトつきなど、さまざまな利用者の不安を避けて介護者の体への負担をさけるように配慮された装置がついています。

寝たまま入浴できる介護浴槽は、文字通り寝たままでフラットになった状態でお湯がでて、寝た状態でも気持ちよく入浴できます。
寝たきりの人でなく、座った状態になれる人には、座ったまま、座位を保持したまま入浴できる浴槽もあります。

リフトつき介護浴槽は、これも座ったまま、リフトで持ち上げて入浴できる介護浴槽です。車椅子の人でも楽々入浴できて、介護者も持ち上げる動作が減るので非常に楽になります。入浴装置がついた浴槽がある施設に勤務すると腰などへの負担が最小限に留められますのでおすすめです。

・家庭でも使える入浴装置つき浴槽
入浴装置は家庭にも導入することができます。
リフトつきなどは工事などの費用がかかってしまいますが、家庭で導入すると介助がずいぶんと楽になるでしょう。また工事費用も介護保険が使えますので、ある程度の自己負担でのみ設置できるので助かります。

入浴介助がしんどいと感じていたり、体に負担がかかるという場合は、ぜひこのリフト型の介助入浴浴槽を導入検討しましょう。座ったまま、寝たままの浴槽は場所が必要ですので、介護施設での導入となります。

勤務している先にこの装置があったら、使い方を覚えて、丁寧に入浴をサポートしましょう。浴槽に入るときには、片足で立つことになるため、利用者さんが一番不安になる瞬間です。そして介護者の体の負担も大きくなる瞬間です。
そこが人力でなく動力で解決できるのですから、この入浴装置つきの浴槽は大変便利です。